試合で勝ちたいのは誰?


お子さんのチーム、強いですか~?
見ているほうからすればいい成績で
試合に勝ったほうが気持ちいいしすっきりしますよね。

勝った時には一緒に喜んでいっぱい褒めてあげましょう。
でも、勝った時にこそダメ出しをするチャンスです。
よかった事と対比して「あの場面でもっと前に動けてたら」
「あそこはチャレンジやったな」とか・・・

勝って気分がいいお子さんは、素直に聞き入れてくれる確率大です(^^)v

子どもたちの試合を観るのって楽しいですよね~
思わず興奮して「いけーー!!」とか「何やってんねん!」とか
言っちゃいそうになりますよね。
でも、ココはグッとガマンして拍手と「ナイス~」くらいに
とどめておきます。

日本代表やJリーグの試合じゃないんだから当然です。
たとえ試合に負けたとしても、
次回に前向きになれるような言葉を掛けてあげたいですね。
負けた試合結果も日頃の練習の成果です。

勝ち負けにこだわらず、個人のチャレンジとチームとしてのまとまり
サッカーを知るための一番の場所が試合だと思っているんですが
やっぱり勝った時の一体感や達成感は格別です。
また、それを経験したいというモチベーションも
次の試合に向けた力になるんですよね。

勝つことはイイことです。でも勝ったからイイではないことを
大人が理解していないといけないと思います。

偉そうに言っていますが、私自身は小学校のころから勝利至上主義の野球チームでスパルタ育成を受けた経験があります。
自分の子どもにサッカーを習わせてから今のような考えになりました。
人を変えるのって難しいけど自分を変えるのって意外と簡単です。

ご意見や感想はコメント欄にお気軽にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする