それって?


お子さん、おうちでサッカーの動画を見たり、サッカーのゲームをしたりしてますか?

動画なんかを見ていると、「あの選手が好き!」とか「俺やったらこうするなぁ・・・」とか目標とする選手が出来たり、やってみたいプレーがドンドン出てきたりしますよね。

憧れと目標

この2つのいずれかが出来ると、上達が早まったりすることがあります。

憧れの選手が使っている技を真似してみたり、プレースタイルを真似してみたりしているうちにそのプレーに至るまでの流れも一緒にインプットされるとよりいいですね。

何のためにそのプレーをしているのか?

そのプレーをしたらどうなるのか?

ゴールに近づくためのプレーだったり、数的有利を作るためだったりですよね。

 
このプレーひとつに対する答えを教えてはいけませんよ (笑)

子ども自身が考えて、答えを出さないと意味がないです。

あるいは、子供同士で話し合ったりしたりしてたら最高ですね。

実際に、プロの試合や上のカテゴリーの試合を観てそのスピードやボールを持っていない時の動きを体験してみるのもいいですね。

子ども自身が気づける声掛けって、難しいですよね。

ついつい、答えを言いたくなっちゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする