好きなポジション得意なポジション


お子さんのポジションってもう決まっていますか?

出来ることなら、小学生のうちにいろんなポジションを経験しておくほうがいいと思います。

子供に人気なのはやっぱりフォワード!

ですよね。

直接得点に絡むことが出来るし、カッコいいですよね~

ウチの子は、キーパーからフォワードまで一通りのポジションを経験しています。

得意なポジションはセンターバック。

相手のフォワードに仕事をさせないのが快感らしいです。

もうチョッと具体的に言うと、フォワードにボールを触らせないマークとボールを持った時に前を向かせないようにする事。

好きなポジションは2列目右のポジションです。

サイドラインを使った駆け引きが面白いらしいです。

それと中に切れ込んだり、フォワードが落としたボールをシュートしたりボールにたくさん触ることができるので好きだと言っています。

それでも、幾つかのポジションを経験して行く中でもキーパーと最終ラインのポジションをやってからがサッカーがうまくなってきたというか、ゲームを俯瞰して観ようとすることが出来たようです。

やっぱり、相手ゴールに向いている時間が長いだけあって試合の流れや相手の動き方がよくわかりやすいです。

そして、自分のチームのメンバーの動きの特徴や長所も見えてくるんですね。

どのポジションにおいても基本の技術のトラップとキックが大切です。

それでも、そのポジションごとに色んな景色とか、事情があるということを理解しているとしていないとではスゴク差があると思うんです。

まぁ、簡単に言えば相手の気持ちがわかると動きも予想できるって事です。

いろんなポジションをしているうちに好きなポジションも変わってくるでしょうし、向いているポジションも見つけることが出来るかもしれません。

そして何よりも、サッカーのことをモット好きになるはずです。

貴重なジュニア年代に色んなポジションに触れてほしいですね。

あなたのお子さんにもきっと新しい発見が出来ると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする