堅い守りをこじ開けるには?


代表戦などを観ていると、格下の相手が引いて守っている時に攻めきれないシーンを多く見かけますね。

ジュニアサッカーでは、多くの場合個人の技術とアイデアで堅い守りをこじ開けることが出来ます。

例えば、ドリブルで切れ込むとかロングシュートを打つなんてことです。

ゴールにつながるアイデアや発想は、普段の練習から意識して鍛えておかなければ出てきませんし、練習で出来ていないことは試合で出しようもありません。

個人で守りを崩すのが難しいなら、二人でワンツーパスとかがいいですね

マイボールを保持しながら前へ進むには、やっぱり普段の練習から自分の頭で考えて動いていかなきゃです。

鳥カゴも、どのタイミング角度なら相手が足が出せないのかとかフェイントで相手の裏をかくポイントや間合いを研究することが出来るいい練習メニューです。

普段の練習で繰り返ししているメニューには、必ず指導している側の意図がありますんでね。

いつもの練習メニューだからと言って流してやるのか

工夫をして頭を使って感覚を磨くのか

すべては自分次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする